炭素繊維複合材

炭素繊維複合材について

炭素繊維複合材は日本の産業界において、これまで強化プラスチック(FRP)および、コンポジットの成形加工業界で専門的に生産されてきましたが、自動車を中心とする軽量・高強度を求める市場背景から、これまで炭素繊維とは無縁であった樹脂部品の成形会社や金属加工メーカー、材料メーカーによる新しい商品、技術が紹介され始め、その流れは近年さらに加速しています。繊維の高弾性、高強度化の一方で、マトリックス樹脂も熱硬化性樹脂だけでなく、熱可塑性樹脂をベースとした中間材料も開発されています。
弊社では試作開発向けの少量から量産に至るまで、CFRP/CFRTPコンポジットの中間材を取り揃えてございます。

製品リスト

連続繊維(カーボンフィラメント)

多数の単繊維から構成される長繊維束です。
日本品及び海外品の取扱いがございます。糸の物性、太さやサイジング材のご要望に応じ、最適な商品をご提案致します。

織物

連続繊維、ステープルヤーンにより構成される織布です。
平織、綾織、UDクロス(シート)、その他アラミド繊維とのハイブリッド織物などの特殊繊維のご提案が可能です。グレード表

チョップドファイバー

国内外のPAN系炭素繊維のメーカー品の取り扱いがございます。メインの繊維長は3mm・6mm、サイズ剤の塗布量は1.5から5%まで調整できます。各種サイジング材(エポキシ、ウレタン、芳香族系、PA、PPなど)の対応が可能です。コンパウンド用には多くの 実績があり、PA、PC、PPS、PEEK、PPなどのマトリックス樹脂向けに展開中です。またコンクリート補強フィラーとしても採用されています。

ミルドファイバー

PAN系炭素繊維を80μm及び150μmに粉砕したパウダーです。船底塗料、導電性塗料、半導体用切削工具やエンプラコンパウンド用などに用いられています。

プリプレグ

熱硬化性プリプレグ(CFRP)

炭素繊維にエポキシ、フェノールなどの熱硬化性樹脂を含浸させた半硬化性状態のシート状成形用中間材料です。速硬化型の取扱いもございます。

熱可塑性プリプレグ(CFRTP)

炭素繊維織物にPI、PP、PMMAなどの熱可塑性樹脂を含浸させたシート状成型用中間材料です。

熱硬化性プリプレグ用含浸樹脂

速硬化型ウレタンアクリレート、高耐熱エポキシ、希釈型不飽和ポリエステル樹脂などご提案可能です。
特にウレタンアクリレート型樹脂は従来のエポキシより優れた物性を有するCFRPが得られます。エポキシ樹脂用に表面処理された炭素繊維に高密着です。また粘度調整が容易なため各種成型方法に適用が可能です。ガラス繊維、アラミド繊維への密着性にも優れます。

異種材料熱接着フィルム

各種樹脂(オレフィン、オレフィン/エポキシハイブリッド、フェノール)を基にした熱接着フィルムを取り扱っております。お客様のご要望の被着体に応じ、適切なフィルム選定を行い、ご提案差し上げます。

基材例
  • 炭素繊維複合材(CFRP/CFRTP)
  • ガラス繊維複合材(GFRP/GFRTP)
  • 熱硬化樹脂(エポキシ、ビニルエステル、ウレタン、フェノール)
  • 熱可塑樹脂(PA、PP、TPO、PI)
  • 金属
  • ガラス
  • アルミ
  • SUS
  • 木材

素材用途事例

  • 自動車部品リリーフバルブ、ディスクパッド、ブレーキライニング、クラッチフェイシング
  • 工業分野搬送装置のハンド、アーム、フレーム、ノートパソコン
  • スポーツ・レジャー分野ゴルフシャフト、クラウン、シューソール
  • コンクリート補強フィラー
  • 鉄道分野鉄道車両、新幹線
  • 航空宇宙分野、ロケット、人工衛星、飛行機の部品
お問い合わせフォーム